畑帳

hatakecho.exblog.jp ブログトップ

タグ:二十四節気 ( 10 ) タグの人気記事

お気の毒なトノサマガエル

今日は二十四節気の「啓蟄」でした。土の中で冬眠していた虫たちが穴を啓(ひら)いて地上に這い出してくる頃です。実はこの2日前、畑でちょっとしたハプニングがありました。
僕が畑を鍬で耕していたら、冬眠中のトノサマガエルを掘り起こしてしまいました。トノサマガエルは一体全体何が起きたのかを理解できず、眼を見開いてじっとしたままでした。撮影後、トノサマガエルには安全な場所に引っ越してもらいました。トノサマガエルが無傷だったことが不幸中の幸いでした。
e0117305_22423477.jpg

DATA: 2012/3/3, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM
[PR]
by ikesan-k | 2012-03-05 22:43 | 畑の生き物

啓蟄の畑

今日は二十四節気の「啓蟄」でした。土の中で冬眠していた虫たちが穴を啓(ひら)いて地上に這い出してくる頃です。しかしながら、京都市内は朝から雨。本記事の写真はすべて2日前の晴天時に撮影しています。

白梅が開花。僕が畑仕事をしている間に咲きました。今春の初咲きです。
e0117305_22192486.jpg

DATA: 2012/3/3, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

フキノトウも開花目前です。この状態の蕾を天ぷらにして食べたら最高なのですが、畑のフキノトウは全部で3個しかなく、種が飛んで株が増えることを期待して、採らずに残しておきました。
e0117305_22193781.jpg

DATA: 2012/3/3, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

オオイヌノフグリ。日当たりの良い場所で沢山咲いていました。
e0117305_22195116.jpg

DATA: 2012/3/3, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

ヨモギも沢山生えています。もうちょっと生長したら料理に使えます。
e0117305_2220426.jpg

DATA: 2012/3/3, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

畑のエノキの切り株からエノキタケが発生していました。傘にはナメクジの仕業だと思われる食痕があります。パック詰めされて売られているエノキタケとは随分違いますが、これが天然の姿です。もちろん食べられますが、この株は食べ頃を過ぎているので撮影のみ。
e0117305_22201756.jpg

DATA: 2012/3/3, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM
[PR]
by ikesan-k | 2012-03-05 22:21 | 畑の樹木・草花

雨水の畑

e0117305_2238074.jpg

DATA: 2012/2/19, EOS 5D Mark II, Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE

新暦2月19日は二十四節気の雨水 (うすい) でした。冬の雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降る頃です。前日は京都市内でも今年最大の積雪 (と言っても10cm程ですが) を記録しました。当日はその雪もほとんど解けたので、畑で春の兆しを探してみました。

ロウバイ (蝋梅) の花。盛りを過ぎてしまいました。青空に伸びる枝を撮りました。オオカマキリの卵のう付き。
e0117305_22381696.jpg

DATA: 2012/2/19, EOS 5D Mark II, EF70-200mm F4L USM

マンサクの花。立春の頃から咲き始め、今が盛りです。このマンサクは園芸種だと思っていたのですが、調べなおしたら、日本の在来種にアカバナマンサク、ニシキマンサクという種があることが分かりました。たぶん、これはアカバナマンサクのようです。
e0117305_22383086.jpg

DATA: 2012/2/19, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

フキノトウの蕾が開き始めました。
e0117305_22384189.jpg

DATA: 2012/2/19, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

浅葱 (あさつき) の新芽が伸び始めました。
e0117305_22385223.jpg

DATA: 2012/2/19, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

ヒメエグリバ (ヤガ科) の若令幼虫。体長は1.5~2cm。地色は黒、黄白色の斑紋、大きくなると赤色紋も加わる。若令幼虫で越冬。
e0117305_22535443.jpg

DATA: 2012/2/19, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM
[PR]
by ikesan-k | 2012-02-25 22:40 | 畑仕事(春)

立春の畑

畑仕事の新シーズンは立春から始まります。

ロウバイ (蝋梅) は開花のピークを迎えようとしています。
e0117305_22544890.jpg

DATA: 2012/2/3, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

立春の前日 (節分) には手押し井戸の大羽釜には分厚い氷が張ってましたが、立春からの2日間で解けてしまいました。
e0117305_2255543.jpg

DATA: 2012/2/3, EOS 5D Mark II, Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE

タンポポも咲いていました。
e0117305_22551650.jpg

DATA: 2012/2/4, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

フキノトウの蕾が出ていました。
e0117305_22553090.jpg

DATA: 2012/2/4, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

紫陽花の冬芽も葉を展ばす準備を始めていました。
e0117305_22554655.jpg

DATA: 2012/2/4, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

ジャガイモ用の畝を耕しました。
e0117305_22555953.jpg

DATA: 2012/2/4, EOS 5D Mark II, EF24-105mm F4L IS USM

マンサクが咲き始めました。野生のマンサクは黄花ですが、これは園芸種です。
e0117305_22561185.jpg

DATA: 2012/2/5, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM

メダカ池の氷も解け、メダカ (ヒメダカ) たちが動き始めました。
e0117305_22562452.jpg

DATA: 2012/2/5, EOS 5D Mark II, EF100mm F2.8 Macro USM
[PR]
by ikesan-k | 2012-02-06 22:58 | 畑仕事(春)

昨日は穀雨、新緑の深泥池

[旧暦:三月 (弥生) 十六日]

昨日は二十四節気の穀雨 (こくう) でした。この時期は天気の移り変わりの周期が短く、春雨によって田畑の穀物・野菜の種子の生長が促されます。穀雨を過ぎると春も終わりに近づき、野山は眩いばかりの新緑に包まれます。
昨日の京都市内は晴天に恵まれました。このような日は、畑仕事だけではもったいないので、自宅から自転車で15分ほどの深泥池 (みぞろがいけ) に出かけました。深泥池の畔の雑木林は、穀雨の時期に合わせたかのような見事な新緑でした。
e0117305_21475687.jpg

DATA: 2008/4/20, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM

池の畔を歩いていると、カモの番 (つがい) が餌を探しながらのんびりと泳いでいました。
e0117305_2148147.jpg

DATA: 2008/4/20, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM

雑木林の散策路を進みます。
e0117305_21483089.jpg

DATA: 2008/4/20, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM

ここの雑木林はクヌギやコナラの高木が多く、新緑の頃はウグイスなどの野鳥がやってきます。
e0117305_21484849.jpg

DATA: 2008/4/20, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM

雑木林にはウワミズザクラ (上溝桜) もあるのですが、頭上高くで咲いているので気付かず通り過ぎてしまいそうでした。
e0117305_2149735.jpg

DATA: 2008/4/20, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM

羽化後間もないと思われるシオヤトンボです。頼りなさそうに雑木林の中を飛んでいました。
e0117305_21492297.jpg

DATA: 2008/4/20, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

雑木林の上から見た深泥池。これほどの自然環境が京都の市街地に隣接して残されているというのは大変有り難いことです。
e0117305_21502350.jpg

DATA: 2008/4/20, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-04-21 21:52 | 深泥池

今日は晴明、柊社の桜が満開

[旧暦:二月 (如月) 二十八日 晴明]

今日は二十四節気の晴明 (せいめい) です。春の陽射しが強く、天空清く晴れ渡る頃とされ、万物が生き生きとして、桜や草木の花が咲き始め、畑では草抜き (草刈り) に忙しくなり始めます。
昨日、出勤前に近所の柊社 (比良木社、ひいらぎしゃ) に立ち寄ると、境内の桜 (ソメイヨシノ) が満開になっていました。僕は柊社の桜が満開になるのに合わせて、畑に里芋を植えることにしています。今週末、天気が良ければ里芋の植え付けです。
e0117305_015552.jpg

DATA: 2008/4/3, Caplio GX100

e0117305_021199.jpg

DATA: 2008/4/3, Caplio GX100
[PR]
by ikesan-k | 2008-04-04 00:11 | 修学院・一乗寺

ルリシジミ

[旧暦:二月 (如月) 十三日 春分]

今日は二十四節気の春分です。昼と夜の時間が同じになる日で、春の彼岸の中日です。また、昔の彼岸桜や梅見の頃で、自然界では芽吹きが本格化します。
春分の日は畑仕事と撮影に精を出そうと思っていたのですが、残念なことに、休日出勤することになりました。まあ、日中は風雨が強く、気温も上がらなかったので、出勤しなくても畑仕事も撮影もできなかったのですから、結果的にはこれで良かったようです。

5日前に畑に出てみると、シジミ蝶が止まっているのを見つけました。畑でよく見かけるヤマトシジミだろうと思いながら撮影し、後で図鑑で確かめるとルリシジミでした。
e0117305_23463215.jpg

DATA: 2008/3/15, Caplio GX100
[PR]
by ikesan-k | 2008-03-20 23:48 | 畑の生き物

吹雪の啓蟄、梅の花咲く

[旧暦:一月 (睦月) 二十八日 啓蟄]

今日は二十四節気の啓蟄 (けいちつ) です。地中で冬眠していた虫たちが陽気に誘われて地上に這い出す頃、とされているはずなのですが…、今年の啓蟄は時折吹雪きとなる寒い一日になってしまいました。
啓蟄らしい (?) 写真を撮ろうと畑に出かけてみましたが、寒さのために虫は1匹も見つけられませんでした。その代わりに (?)、梅の花が咲き始めました。2年前に白梅 (冬至) と紅梅 (大盃) を1本ずつ植えたのが、枯れずに根付いてくれました。まだまだ小さな苗木ですが、寒肥も与えたので、元気に育ってほしいものです。
e0117305_23111833.jpg

DATA: 2008/3/5, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

e0117305_23113790.jpg

DATA: 2008/3/5, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM

新暦の1月26日 (旧暦 十二月十九日) に初咲きを観測していたオオイヌノフグリは畑のあちこちで満開状態です。
e0117305_23115356.jpg

DATA: 2008/3/5, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

オオイヌノフグリに比べると目立たない存在のハコベも咲いていました。
e0117305_2312950.jpg

DATA: 2008/3/5, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

立春の日に見つけたフキノトウのとなりから2本目 (左側) が出ていました。
e0117305_23122795.jpg

DATA: 2008/3/5, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-03-05 23:13 | 畑の樹木・草花

今日は雨水

[旧暦:一月 (睦月) 十三日 雨水]

今日は二十四節気の 「雨水 (うすい)」。冬の雪や氷が解け始め、雨となる時期とされ、春の農作業の準備に取り掛かる目安になっています。また、雨水 (新暦 2月19日) から啓蟄 (新暦 3月5日) までの 15日間に京都府南部で観察されるであろう自然界の事象としては、梅の開花、ウグイスの初鳴き、ヒバリの初鳴きなどが挙げられます。(勿論、これらの事象は日本列島の各地により異なります。)
今年は雨水の 3日前から前日にかけて、京都市では雪の降る寒い日が続きましたが、今日はその寒さが少し緩んだようです。3日前ですが、畑の所々で立春の頃よりも季節が進んでいることを確かめられたので紹介します。

マンサクの黄色の花が咲きました。赤色のマンサクよりも2週間遅れです。
e0117305_19485074.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

秋の七草に数えられるフジバカマが芽を出していました。
e0117305_19502540.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

フキノトウの花も開き始めました。
e0117305_1951683.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

いつの間にか、カタバミが葉を広げていました。
e0117305_19514257.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

この日は、春夏野菜の畝を耕して、苦土石灰を鋤き込みました。
e0117305_195231100.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM

畝を耕していたら、うっかりミミズを掘り起こしてしまいました。全長 10cm。すでに冬眠から目覚めて地中で活動していたようです。
e0117305_19532079.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-02-19 19:56 | 畑仕事(春)

立春の畑

[旧暦:十二月 (師走) 二十八日]

はじめまして。ハンドルネーム 「池さん」 です。京都市左京区の住宅街の真ん中で家庭菜園を楽しんでいます。これまで 『畑仕事の楽しみ』 というホームページで畑仕事と自然界の様々な事象を旧暦の日付で記録してきました。この畑帳ブログでは、畑仕事と身近な自然の発見を中心に気楽に書き綴っていこうと思います。

さて、今日は立春。冬の陰気に閉ざされた万物に春の陽気が立ち始める頃とされています。そこで、畑で立春らしい被写体を探してみました。

マンサクが咲き始めました。これは赤い花の園芸種です。
e0117305_2334567.jpg

DATA: 2008/2/4, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

オオイヌノフグリもちらほら咲き始めました。
e0117305_234095.jpg

DATA: 2008/2/4, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

フキノトウの蕾が出ていました。食べるのがもったいない。
e0117305_2341672.jpg

DATA: 2008/2/4, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

白梅 (冬至) の蕾も膨らみました。開花まであと僅か?
e0117305_2343220.jpg

DATA: 2008/2/4, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

春に向けて畑仕事も少しずつ忙しくなります。今日はジャガイモとサツマイモ用の畝を耕して、肥料 (米糠、鶏糞、牛糞、苦土石灰) を鋤き込みました。
e0117305_2344872.jpg

DATA: 2008/2/4, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-02-04 23:13 | 畑仕事(春)
line

池さんの畑仕事と自然観察の記録など


by ikesan-k
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31