畑帳

hatakecho.exblog.jp ブログトップ

タグ:鳥類 ( 7 ) タグの人気記事

畑の畝で餌を探すモズ


DATA: 2011/02/07, EOS 5D Mark II, EF70-200mm F4L USM

畑でホースラディッシュを掘り起こした畝にモズ(百舌)がやって来ました。
ミミズや小さな昆虫などを啄ばんでいました。
[PR]
by ikesan-k | 2011-02-13 00:11 | 畑の生き物

砂防ダムの壁面を餌場にするエナガ


DATA: 2010/01/30, EOS 5D Mark II, EF24-105mm F4L IS USM

砂防ダムの壁面で4~5羽のエナガ(柄長)が何かを啄ばんでいました。
餌は、苔などの地衣類、あるいは、小さな昆虫か?
[PR]
by ikesan-k | 2011-02-13 00:06 | 修学院・一乗寺

ジョウビタキ(メス)

[旧暦:二月 (如月) 二十五日]

毎年、秋から春にかけて、ジョウビタキが畑にやって来て縄張りを宣言します。よく見かけるのはジョウビタキのオスなのですが、オスの留守中にメスがやって来ることがたまにあります。下の写真は先週末にやって来たジョウビタキのメスです。不思議なことに、畑でジョウビタキのオスとメスが一緒にいるところを一度も見たことがありません。ジョウビタキが日本で繁殖しないことと関係があるのでしょうか?
e0117305_21102050.jpg

DATA: 2008/3/29, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-04-01 21:14 | 畑の生き物

ウグイスがやって来た!

[旧暦:二月 (如月) 二十五日]

先週末の夕方、畑で水遣りをしていると、ウグイス (鶯) が 1羽、どこからともなくやって来て、潅木の内側を移動し始めました。ウグイスと言えば 「ホーホケキョ」 と鳴くものだと思われがちですが、餌を探している間は無言です。このように、ウグイスは生垣や潅木の内側に潜り込んで鳴かずに行動するので、ウグイスが住宅地まで餌探しにやって来ていることはあまり知られていないようです。
e0117305_20521270.jpg

DATA: 2008/3/29, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-04-01 20:53 | 畑の生き物

テントウムシが目覚める

[旧暦:一月 (睦月) 二十五日]

昨日から新暦の 3月です。日中は晴れ時々雨で、やや肌寒かったのですが、畑に出て草地を覗き込むと、冬眠から目覚めたナナホシテントウがのろのろと歩き出していました。
e0117305_073730.jpg

DATA: 2008/3/1, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

ウヅキコモリグモもお目覚めで、こちらは素早く動き回っていました。
e0117305_075536.jpg

DATA: 2008/3/1, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

オオイヌノフグリに遅れて、ヒメオドリコソウ (姫踊り子草) も咲き始めました。
e0117305_081337.jpg

DATA: 2008/3/1, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

昨日は春夏野菜用の畝をすべて耕して、苦土石灰、牛糞、鶏糞、油粕、米糠を鋤き込みました。夏野菜の苗の植え付けは 2ヶ月程先なのですが、できるときに早めに耕せば、植え付け間近の休日が雨になって畝の準備が間に合わなくなるリスクを軽減できす。
e0117305_083698.jpg

DATA: 2008/3/1, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM

畑を耕していると、必ずジョウビタキが僕の近くにやって来ます。掘り起こされたコガネムシの幼虫やミミズを期待しているのです。今回も僕が畝から離れると、竹杭に止まって獲物を探していました。
e0117305_085486.jpg

DATA: 2008/3/1, EOS 40D, EF16-35mm F2.8L USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-03-02 00:11 | 畑仕事(春)

ジョウビタキとメジロ

[旧暦:一月 (睦月) 十二日]

畑仕事の副産物として、年間を通じて色々な野鳥を身近に観察することができます。先日の記事ではモズの早贄 (はやにえ) を紹介しましたので、今日は他の常連さんを紹介します。
ジョウビタキ (尉鶲、常鶲) は渡り鳥で、秋から春にかけて畑を縄張りにしています。下の写真はオスですが、メスもたまに見かけます。畑の木の実や青虫をよく食べます。
e0117305_23151444.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM

メジロ (目白) は一年を通じて畑にやって来ますが、繁殖期が近づく春先は特によく見かけます。この日は畑の片隅に生えているネズミモチの実を頬張っていました。
e0117305_23153371.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM

キウイ棚に十数羽のメジロの群れが止まったので、慌ててデジカメを向けたのですが、群れの一部分しか撮れませんでした。残念。
e0117305_23155084.jpg

DATA: 2008/2/16, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM
[PR]
by ikesan-k | 2008-02-18 23:18 | 畑の生き物

モズの早贄 (はやにえ)

[旧暦:一月 (睦月) 三日]

旧暦ではこの記事をアップする2日前に新年を迎えました。いわゆる旧正月 (春節) です。僕は出張先 (熊本県) のホテルで温泉に浸かって雪山歩きの疲れを癒しながら新年を静かに祝いました。
さて、皆さんはモズ (百舌) の早贄 (はやにえ) をご存知でしょうか? モズは秋から冬にかけて、1枚目の写真のように尖った枝先や棘に獲物を突き刺しておく習性があります。
e0117305_125065.jpg

DATA: 2008/2/4, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

モズの早贄は、餌の少ない冬場の保存食だとか、縄張りのサインだとか、獲物を固定して食い千切るためだとか、諸説があるのですが解明されていません。
1枚目の柚子の棘に突き刺されたアマガエルは 2月4日に撮影したのですが、昨年 12月2日には既に早贄にされていました (2枚目)。アマガエルは干乾びてしまいましたが、モズは食べ忘れているのでしょうか? それとも、食糧難になった時に食べるのでしょうか? とにかく、引き続き観察してみます。
e0117305_134018.jpg

DATA: 2007/12/2, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

あ、そうそう、うちの畑を縄張りにしているモズ (雄) です。モズの雄の見分け方は、過眼線 (眼を横切る線) が黒く、初列風切 (風切羽の腹側部分) に白斑があります。(雌の過眼線は褐色、初列風切に白斑なし)
e0117305_141218.jpg

DATA: 2008/2/2, EOS 40D, EF70-200mm F4L USM

今冬、畑ではアマガエル以外にも早贄を幾つか見つけたので紹介します。
ウワミズザクラの枝に刺さった毛虫です。
e0117305_143984.jpg

DATA: 2007/12/1, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

エノキの枝に刺さったアオクサカメムシです。
e0117305_145594.jpg

DATA: 2007/12/24, EOS 40D, EF100mm F2.8 Macro USM

僕は実際に見たことはありませんが、モズは他にもトカゲ、ネズミ、小鳥なども早贄にすることがあるそうです。
[PR]
by ikesan-k | 2008-02-09 01:09 | 畑の生き物
line

池さんの畑仕事と自然観察の記録など


by ikesan-k
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31